GoogleChromeでブックマックバーの表示・非表示を切り替える方法

[note title=”この記事では”]GoogleChromeのブックマークバーを非表示にする方法について解説します。[/note]

[say img=”https://tips-mag.com/wp-content/uploads/2018/09/panda.png”]ブックマークバーを非表示にするとページ内容の見える範囲が広がるよ。[/say]

ショートカットキーを利用する方法

まずは一番簡単なショートカットキーを利用した方法を解説しますね。

Mac : command+shift+B

Windows : ctrl+shift+B

このショートカットを実行すると、画面上部のブックマックバーの表示非表示を切り替えることができます。

ブックマックバーを表示した状態

chromeブックマークバー

ブックマックバーを非表示にした状態

ブックマークバー非表示

 

設定画面から切り替える方法

次にChromeブラウザの設定画面から表示を切り替える方法を解説します。

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’設定アイコンをクリック’]

chromeメニューバー設定画面

ブラウザ右上に表示されている設定アイコンをクリックし、「設定」をクリックします。[/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’「ブックマークバーを常に表示する」のチェックを外す’]

chrome設定ブックマークバー

設定画面が表示されますので、下のほうにあるデザイン欄の「ブックマークバーを常に表示する」に入っているチェックを外しましょう。[/tl]
[tl title=’完了!’]

ブックマークバー非表示

設定が完了すると、ブックマークバーが非表示になりました。[/tl]
[/timeline]

まとめ

最後に、ここまでの記事の内容をまとめておきます。
[box class=”box26″ title=”まとめ”]

  • ブックマークバーはショートカットキーで表示/非表示を切り替えられる
  • 「設定」 → 「ブックマークバーを常に表示する」のチェックを外すことで、非表示にすることもできる

[/box]

【2018年版】便利で使える!おすすめのChrome拡張機能まとめ

[note title=”この記事では”]使いやすくて便利なおすすめのChrome拡張機能をまとめました。[/note]

Google Chromeを便利にすることができるChrome拡張機能をひたすら試して、おすすめのものを厳選しました。

目的に応じて、使えそうなものを探して頂ければと思います。

[kanren id=”347″]

おすすめChrome拡張機能まとめ

Black Menu

BlackMenu

Googleの各種サービスにすぐにアクセスできるChrome拡張機能です。

今いるページから離れることなく、YouTubeやGoogleカレンダー、Gmail、Google翻訳など、お気に入りのGoogleサービスにドロップダウンメニューから簡単にアクセスできるできるようになります。

Googleのサービスを使っている方なら、入れておくことをオススメします。

[yoko2 responsive][cell]

[/cell][cell]

[/cell][/yoko2]

AutoPagerize

autopagerize

次のページを自動で読み込んでくれる拡張機能です。

例えばGoogleの検索結果では、下までスクロールすると、2ページ目、3ページ目…、と自動で読み込んで表示してくれます。

ウェブサイトの閲覧効率が上がるため、ネットサーフィンをよくする方におすすめの拡張機能ですね。

[yoko2 responsive][cell]

[/cell][cell]

[/cell][/yoko2]

ato-ichinen

ato-ichinen

Googleで検索をした時に検索結果を過去1年間に限定して表示してくれる拡張機能です。

自動的に最新1年に更新された記事が表示されるようになるため、最新の情報を知りたいときに役立ちます。

設定を変更することで、1週間以内や24時間以内のみの表示にすることも可能です。

[yoko2 responsive][cell]

[/cell][cell]

[/cell][/yoko2]

Pasty

pasty

クリップボードにコピーされたURLをまとめて開いてくれる拡張機能です。

Excelやメモ帳に保存しておいた複数のURLを一気に表示したい時に役立ちます。

テキストデータからURLだけを抜き出してくれるので使い勝手が非常に良いですね。

[yoko2 responsive][cell]

[/cell][cell]

[/cell][/yoko2]

One Tab

onetab

ワンクリックで複数のタブを、1つのタブにリストとしてまとめることができる拡張機能です。

タブをリスト化することで、メモリ消費が抑えられ動作が早くなるため、作業の効率化に役立ちます。

[yoko2 responsive][cell]

[/cell][cell]

[/cell][/yoko2]

Reload All Tabs

reloadalltabs

ワンクリックで全てのタブに表示されているウェブページをまとめて更新(リロード)できる拡張機能です。

複数のタブを開いてウェブページを表示させているときに、まとめて最新情報を取得したい場合に役立ちます。

[yoko2 responsive][cell]

[/cell][cell]

[/cell][/yoko2]

Awesome Screenshot

 

awsomescreenshot

ウェブページ全体(縦長)をはじめとした、様々なスクリーンショットを撮ることができる拡張機能です。

注釈やコメント、矢印を入れるなど、ちょっとした編集も可能です。

[yoko2 responsive][cell]

[/cell][cell]

[/cell][/yoko2]

Quick Note

quicknote

ワンクリックでメモ帳を表示できる拡張機能です。

ウェブサイトを閲覧中に気になった言葉や情報をメモしておきたい時に役立ちます。メモは保存や共有することも可能です。

[yoko2 responsive][cell]

[/cell][cell]

[/cell][/yoko2]

Clear Cache

clearcache

ワンクリックでキャッシュを削除できる拡張機能です。

キャッシュが溜まりすぎてChromeの動作が遅くなったり、古いキャッシュが残っているせいでWebページの表示が崩れたりする場合に役立ちます。

[yoko2 responsive][cell]

[/cell][cell]

[/cell][/yoko2]

ColorPick Eyedropper

colorpicker

簡単にウェブページ上の色(カラーコード)が調べられる拡張機能です。

ワンクリックで好きな部分の色がわかるので、気になった配色をさくっと調べたいときに重宝します。

[yoko2 responsive][cell]

[/cell][cell]

[/cell][/yoko2]

PanicButton

panicbutton

ワンクリックで閲覧中のタブを素早く隠すことができる拡張機能です。

一時的に隠しておいたタブは、もう一度クリックすることで再表示することができます。

[yoko2 responsive][cell]

[/cell][cell]

[/cell][/yoko2]

 

まとめ

追加すると、とっても便利になるおすすめのChrome拡張機能まとめでした。

たくさん紹介しましたが、拡張機能を増やしすぎると重くなる原因にもなります。使用用途に応じて、本当によく使いそうなものだけを入れるようにしましょう。

【Chrome拡張機能】BlackMenuの使い方:Googleサービスに簡単アクセス

[note title=”この記事では”]GoogleChrome拡張機能のひとつである「Black Menu for Google」の使い方について解説します。[/note]

[say img=”https://tips-mag.com/wp-content/uploads/2018/09/panda.png”]インストール方法から基本的な操作方法を解説するよ。Googleサービスをよく使う方は参考にしてみてね。[/say]

Black Menuの概要

Googleの各種サービスにすぐにアクセスできる拡張機能です。

今いるページから離れることなく、YouTubeやGoogleカレンダー、Gmail、Google翻訳など、お気に入りのGoogleサービスにドロップダウンメニューから簡単にアクセスできるできるようになります。

拡張機能の追加方法

まずは「Black Menu拡張機能」のWebページ(下のリンク)にアクセスして、以下の手順を進めてください。

chromeウェブストアへ

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’「CHROMEに追加」をクリック’]

BlackMenuストアページ

拡張機能のWebページにアクセスしたら、右上に表示されている「CHROMEに追加」をクリックします。 [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’「拡張機能を追加」をクリック’]

BlackMenu追加確認画面

確認画面が表示されますので、「拡張機能を追加」をクリックします。 [/tl]
[tl title=’完了!’]

BlackMenu追加完了

追加が完了すると、ブラウザの右上にアイコンが表示されます。 [/tl]
[/timeline]

Black Menuの使い方

メニューからGoogleサービスへアクセスする

拡張機能をインストールするとブラウザ右上にアイコンが表示されるようになります。

アイコンをクリックすると以下のようにGoogleサービスのメニューが開きます。

[yoko2 responsive][cell]BlackMenuメニュー[/cell][cell][box class=”box2″]右側のリスト画面から利用するGoogleサービスを選んで、左側の画面でサービスを利用できます。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]BlackMenu検索結果表示画面[/cell][cell][box class=”box2″]例えば「検索」をクリックすると、現在のページを開いたまま、小ウィンドウ内でググることができます。[/box][/cell][/yoko2]

Googleアカウントのログインが必要なサービスを利用する

GmailやGoogleドライブなどのGoogleアカウントのログインが必要なサービスを使う場合には、あらかじめログインしておく必要があります。

ログインしていない状態の場合は、メニュー右上の「SIGN IN」ボタンをクリックするとログイン画面が開くので、自分のアカウント情報を入力してログインします。

[yoko2 responsive][cell]BlackMenuサインイン[/cell][cell][box class=”box2″]「SIGN IN」をクリックしてログインを行えばOKです。これでGoogleアカウントにログインが必要なサービスへアクセスできるようになります。[/box][/cell][/yoko2]

メニューに表示されていないGoogleサービスへアクセスする

デフォルトでは10個のGoogleサービスがメニューに表示されていますが、他のGoogleサービスへアクセスすることも可能です。

[yoko2 responsive][cell]BlackMenu編集ボタン[/cell][cell][box class=”box2″]メニューに表示されていないGoogleサービスへアクセスする場合には、メニュー画面上部の次のアイコンをクリックして下さい。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]BlackMenuメニュー外のサービス表示画面[/cell][cell][box class=”box2″]左側にGoogleサービスの一覧が表示されるので、アクセスしたいGoogleサービスのアイコンをクリックして下さい。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]BlackMenuGoogleフォトアクセス[/cell][cell][box class=”box2″]新しいウィンドウが開いて先ほどクリックしたGoogleサービスのホームページが表示されます。[/box][/cell][/yoko2]

メニューにGoogleサービスを追加/削除する

画面右上の拡張機能のアイコンをクリックした時に表示されるGoogleサービスを追加したり削除したりすることができます。

[yoko2 responsive][cell]BlackMenu編集[/cell][cell][box class=”box2″]画面下部の「Customize」ボタンをクリックします。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]BlackMenuサービス追加画面[/cell][cell][box class=”box2″]Googleサービスの一覧が表示されるので、メニューに追加したいサービスをクリックします。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]BlackMenu追加完了画面[/cell][cell][box class=”box2″]該当のGoogleサービスがメニューの一番下に追加されます。操作が完了したら「Finish」ボタンをクリックすると変更内容が保存されます。[/box][/cell][/yoko2]

[tensen]

メニューからGoogleサービスを削除する方法を解説します。

[yoko2 responsive][cell]BlackMenu編集[/cell][cell][box class=”box2″]画面下部の「Customize」ボタンをクリックします。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]BlackMenuサービス削除[/cell][cell][box class=”box2″]各メニュー項目の右側にある「ゴミ箱」アイコンをクリックします。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]BlackMenu削除完了画面[/cell][cell][box class=”box2″]該当のGoogleサービスがメニューに表示されなくなりました。操作が完了したら「Finish」ボタンをクリックすると変更内容が保存されます。[/box][/cell][/yoko2]

まとめ

最後に、ここまでの記事の内容をまとめておきます。
[box class=”box26″ title=”まとめ”]

  • Black Menuを使うとメニューからGoogleサービスへアクセスできる
  • 表示するGoogleサービスはカスタマイズできる

[/box]

Chrome拡張機能とは?追加方法(インストール)と基本的な使い方を解説

[note title=”この記事では”]Chrome拡張機能とは何か?といった基本的な知識からインストールの方法までを解説します。[/note]

Chrome拡張機能とは

Chrome拡張機能とは、Googleが提供しているウェブブラウザである「GoogleChrome」に追加することができる便利な機能のことをいいます。

用途に合わせたChrome拡張機能をインストールすることで、より便利に使うことができるというわけです。

[say img=”https://tips-mag.com/wp-content/uploads/2018/09/panda.png”]
Chrome拡張機能はほとんどが無料で提供されているよ。[/say]

Chrome拡張機能の追加方法(インストール方法)

拡張機能の追加はとっても簡単です。今回はページを自動で読み込んでくれる拡張機能である「AutoPagerize」をインストールしてみますね。

まずは「AutoPagerize拡張機能」のWebページ(下のリンク)にアクセスして、以下の手順を進めてください。

chromeウェブストアへ

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’「CHROMEに追加」をクリック’]

AutoPagerizeストアページ

拡張機能のWebページにアクセスしたら、右上に表示されている「CHROMEに追加」をクリックします。 [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’「拡張機能を追加」をクリック’]

AutoPagerize追加画面

確認画面が表示されますので、「拡張機能を追加」をクリックします。 [/tl]
[tl title=’完了!’]

AutoPagerize追加完了画面

追加が完了すると、ブラウザの右上にアイコンが表示されます。 [/tl]
[/timeline]

Chrome拡張機能の使い方

Chrome拡張機能は大きく分けて2つのタイプに分けることができます。

それぞれのタイプの使い方について解説しますね。

インストールするだけで使える拡張機能

こちらのタイプはインストールするだけで使えるようになります。

例えば、以下のようなChrome拡張機能はインストールするだけで使うことができます。

[box class=”box26″ title=”インストールで使える拡張機能”]

[/box]

クリックすると使える拡張機能

ブラウザの右上に表示されたアイコンをクリックすることで使えるタイプのものです。

例えば、以下のようなChrome拡張機能はアイコンをクリックすることで使えます。

[box class=”box26″ title=”クリックで使える拡張機能”]

[/box]

おすすめのChrome拡張機能

便利なおすすめ拡張機能については以下のページで紹介しています。

Chrome拡張機能を削除する方法

ここからはすでにインストール済みのChrome拡張機能を削除する方法について解説します。

[yoko2 responsive][cell]右上の設定メニュー[/cell][cell][box class=”box2″]ブラウザメニューバーの右上にあるアイコンクリックする。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]Chrome拡張機能設定画面[/cell][cell][box class=”box2″]「その他のツール」→「拡張機能」の順に選択する。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]Chrome拡張機能削除[/cell][cell][box class=”box2″]拡張機能一覧が表示されますので、不要なものを削除します。削除ボタンをクリックすると削除できます。[/box][/cell][/yoko2]

まとめ

最後に、ここまでの記事の内容をまとめておきます。
[box class=”box26″ title=”まとめ”]

  • Chrome拡張機能を使うとChromeに便利な機能を追加できる
  • Chrome拡張機能にはインストールするだけで使えるものと、クリックで使えるものがある
  • 不要なChrome拡張機能は削除する

[/box]

【Chrome拡張機能】AwesomeScreenshotの使い方:ページ全体スクショが撮れる

[note title=”この記事では”]GoogleChrome拡張機能のひとつである「Awesome Screenshot」の使い方について解説します。[/note]

[say img=”https://tips-mag.com/wp-content/uploads/2018/09/panda.png”]画面全体のスクリーンショットを撮影する方法を解説するよ。[/say]

Awesome Screenshotの概要

ウェブページ全体(縦長)をはじめとした、様々なスクリーンショットを撮ることができる拡張機能です。

注釈やコメント、矢印を入れるなど、ちょっとした編集も可能です。

拡張機能の追加方法

まずは「Awesome Screenshot拡張機能」のWebページ(下のリンク)にアクセスして、以下の手順を進めてください。

chromeウェブストアへ

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’「CHROMEに追加」をクリック’]

Awesome Screenshotストアページ

拡張機能のWebページにアクセスしたら、右上に表示されている「CHROMEに追加」をクリックします。 [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’「拡張機能を追加」をクリック’]

Awesome Screenshot追加ページ

確認画面が表示されますので、「拡張機能を追加」をクリックします。 [/tl]
[tl title=’完了!’]

Awesome Screenshot完了画面

追加が完了すると、ブラウザの右上にアイコンが表示されます。 [/tl]
[/timeline]

Awesome Screenshotの使い方

右上のカメラのレンズのようなアイコンをクリックすると、スクリーンショットを撮ることができます。

今回はウェブページ全体のスクショを撮ってみますね。

Webページでアイコンをクリックする

[yoko2 responsive][cell]Awesome Screenshotタイプ選択[/cell][cell][box class=”box2″]まずは、スクリーンショットを撮りたいウェブページに行き、右上のアイコンをクリックします。キャプチャ方法を選択するメニューが表示されるので、「Capture entire page」をクリックします。[/box][/cell][/yoko2]

ちなみに、キャプチャ方法の選択肢は以下の通りとなっています。

Capture visible part of page現在見えている部分だけキャプチャする
Capture selected area自分で範囲を選択してキャプチャする
Capture entire pageページのすべてをキャプチャする
Delayed capture3秒後にキャプチャする(タイマー)
Capture desktop起動しているソフトに移動してキャプチャ
Select a local image画像を選択してキャプチャ・編集する

編集を行い画像を保存する

[yoko2 responsive][cell]Awesome Screenshotサンプルページ[/cell][cell][box class=”box2″]すると、自動キャプチャが始まります。撮影が終わると、簡単な編集画面に切り替わります。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]Awesome Screenshot編集画面[/cell][cell][box class=”box2″]画像に手を加える場合はアイコンを選択します。編集が終わったら「DONE」をクリックしてください。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]Awesome Screenshot保存画面[/cell][cell][box class=”box2″]確認画面が表示されるので、右クリックで画像を保存してください。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]Awesome Screenshotサンプル[/cell][cell][box class=”box2″]このようにWebページ全体のスクリーンショットを撮影することができます。[/box][/cell][/yoko2]

まとめ

最後に、ここまでの記事の内容をまとめておきます。
[box class=”box26″ title=”まとめ”]

  • Awesome Screenshotを使うと様々な形式のスクリーンショットを撮ることができる
  • ウェブページ全体(縦長)のスクリーンショットも撮ることができる
  • 注釈やコメント、矢印なども入れることができる

[/box]

GoogleChromeをアンインストールする方法|Windows10・Mac

[note title=”この記事では”]GoogleChrome(グーグルクローム)のアンインストール方法について説明しています。[/note]

[say img=”https://tips-mag.com/wp-content/uploads/2018/09/panda.png”]Windows10とMacでのアンインストール方法を解説するよ。[/say]

GoogleChromeをアンインストールする方法

Windows10の場合

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’設定画面を開く’]

windowsメニューバー設定

スタートメニューを開き、「設定」アイコンをクリックします。 [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’「アプリ」をクリック’]

windowsの設定画面

Windowsの設定画面が表示されますので、右下の「アプリ」をクリックします。[/tl]
[tl label=’STEP.3′ title=’「アプリと機能」をクリック’]

windowsアプリと機能画面

アプリの設定画面が表示されるので、「アプリと機能」をクリックします。[/tl]
[tl label=’STEP.4′ title=’「GoogleChrome」をアンインストール’]

windowsアプリと機能画面_Chrome選択

「アプリと機能」画面が表示されるので、「GoogleChrome」アプリをクリックして「アンインストール」をクリックします。[/tl]
[tl title=’完了!’]

ブックマーク、履歴などのプロフィール情報を削除するには、[閲覧データも削除しますか] のチェックボックスをオンにします。 [/tl]
[/timeline]

Macの場合

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’アプリケーションフォルダを開く’]

chromeアプリケーションフォルダ

Finderを開き、左側のメニューから「アプリケーション」をクリックします。 [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’「GoogleChrome」をゴミ箱に入れる’]

chromeゴミ箱へ

フォルダの中から「GoogleChrome」を探し、「ゴミ箱に入れる」をクリックします。

[memo title=”MEMO”]通常はアプリケーションフォルダにありますが、見つからない場合は上部のメニューから「ファイル」 → 「検索」の順にクリックして、「Google Chrome」を検索してください。[/memo][/tl]
[tl title=’完了!’]

ブックマーク、履歴などのプロフィール情報を削除するには、画面上部のメニューから「移動」 → 「フォルダへ移動」の順にクリックしてください。

フォルダの場所に「~/Library/Application Support/Google/Chrome」と入力し、移動先のすべてのフォルダを選択して、ゴミ箱にいれればOKです。 [/tl]
[/timeline]

まとめ

最後に、ここまでの記事の内容をまとめておきます。
[box class=”box26″ title=”まとめ”]

  • Windows10の場合はスタートメニューから設定を開く
  • 設定画面から「アプリと機能」画面を表示する
  • 「GoogleChrome」をアンインストールする
  • Macの場合はアプリケーションフォルダの「GoogleChrome」をゴミ箱へ

[/box]

GoogleChromeのバージョンを手動で最新版にアップデートする方法

[note title=”この記事では”]GoogleChrome(グーグルクローム)のアップデート方法について説明しています。[/note]

[say img=”https://tips-mag.com/wp-content/uploads/2018/09/panda.png”]GoogleChromeは手動で更新することができるよ。[/say]

GoogleChromeを手動で最新版にアップデートする方法

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’設定画面を開く’]

chromeメニュー設定

GoogleChromeの画面右上にあるアイコンをクリックします。表示されるメニューで「設定(S)」をクリックします。 [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’「Chromeについて」をクリック’]

chrome設定ボタン

設定画面が表示されますので、左上の「設定」をクリックします。

chrome更新設定画面

すると、メニューが表示されますので、「Chromeについて」をクリックします。[/tl]
[tl label=’STEP.3′ title=’更新が開始される’]

chrome更新画面

「Chromeについて」画面が表示され、Chromeのバージョンが表示されます。アップデート可能な最新バージョンがある場合は、上の画面のように自動的に更新がはじまります。更新が完了するまでしばらく待ちましょう。[/tl]
[tl title=’完了!’]

chrome再起動

アップデートが終わると、「再起動」ボタンが表示されます。「再起動」ボタンをクリックすれば、GoogleChromeの更新は完了となります。 [/tl]
[/timeline]

まとめ

最後に、ここまでの記事の内容をまとめておきます。
[box class=”box26″ title=”まとめ”]

  • GoogleChromeは手動でアップデートすることができる
  • 設定画面から「Chromeについて」画面を表示する
  • 最新バージョンがあれば自動的に更新される
  • アップデート完了後に再起動すれば更新は完了

[/box]

【Chrome拡張機能】PanicButtonの使い方:1クリックでタブを非表示に

この記事ではGoogleChrome拡張機能のひとつである「PanicButton」の使い方について解説します。

PanicButtonの概要

ワンクリックで閲覧中のタブを素早く隠すことができる拡張機能です。

一時的に隠しておいたタブは、もう一度クリックすることで再表示することができます。

拡張機能の追加方法

まずは「PanicButton拡張機能」のWebページ(下のリンク)にアクセスして、以下の手順を進めてください。

chromeウェブストアへ

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’「CHROMEに追加」をクリック’]

PanicButtonストアページ

拡張機能のWebページにアクセスしたら、右上に表示されている「CHROMEに追加」をクリックします。 [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’「拡張機能を追加」をクリック’]

PanicButton追加確認画面

確認画面が表示されますので、「拡張機能を追加」をクリックします。 [/tl]
[tl title=’完了!’]

PanicButton追加完了画面

追加が完了すると、ブラウザの右上にアイコンが表示されます。 [/tl]
[/timeline]

PanicButtonの使い方

開いているタブを非表示にする

画面右上の!マークのアイコンをクリックすると、開いているタブをすべて隠すことができます。

[yoko2 responsive][cell]PanicButtonタブを非表示[/cell][cell][box class=”box2″]アイコンが緑色になり、隠したタブの数がアイコン右下に数字で表示されます。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]PanicButtonタブを表示[/cell][cell][box class=”box2″]緑色になったアイコンをクリックすると、非表示となったタブが再び表示されます。[/box][/cell][/yoko2]

設定の変更

オプション画面から設定を変更することで、さらに便利に使用することができます。
[yoko2 responsive][cell]PanicButtonショートカット設定[/cell][cell][box class=”box2″]キーボードのショートカット設定をすることができます。初期設定では「F4」になっています。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]PanicButtonパスワード設定[/cell][cell][box class=”box2″]パスワードによるロックをかけることができます。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]PanicButtonツールバー設定[/cell][cell][box class=”box2″]プルダウンを「YES」にすることで、アイコンを非表示にできます。[/box][/cell][/yoko2]

まとめ

[box class=”box26″ title=”まとめ”]

  • PanicButtonを使うとワンクリックで閲覧中のタブを隠すことができる
  • ショートカット、パスワードロック、アイコン非表示なども設定できる

[/box]

【Chrome拡張機能】ColorPick Eyedropperの使い方:サイト上のカラーを調べる

この記事ではGoogleChrome拡張機能のひとつである「ColorPick Eyedropper」の使い方について解説します。

ColorPick Eyedropperの概要

簡単にウェブページ上の色(カラーコード)が調べられる拡張機能です。

色コードとRGB、両方の値を簡単に調べることができます。

拡張機能の追加方法

まずは「ColorPick Eyedropper拡張機能」のWebページ(下のリンク)にアクセスして、以下の手順を進めてください。

chromeウェブストアへ

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’「CHROMEに追加」をクリック’]

ColorPick Eyedropperストアページ

拡張機能のWebページにアクセスしたら、右上に表示されている「CHROMEに追加」をクリックします。 [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’「拡張機能を追加」をクリック’]

ColorPick Eyedropper追加確認画面

確認画面が表示されますので、「拡張機能を追加」をクリックします。 [/tl]
[tl title=’完了!’]

ColorPick Eyedropper追加完了画面

追加が完了すると、ブラウザの右上にアイコンが表示されます。 [/tl]
[/timeline]

ColorPick Eyedropperの使い方

右上のアイコンをクリックすると動作が開始し、マウスオンでカラーを確認できるようになります。

[yoko2 responsive][cell]ColorPick Eyedropperカラー確認[/cell][cell][box class=”box2″]カラーを知りたいロゴなどの上へマウスオンすればカラーコードを表示してくれます。[/box][/cell][/yoko2]

[yoko2 responsive][cell]ColorPick Eyedropperカラー確認2[/cell][cell][box class=”box2″]例えば、「chromeウェブストアへ」というボタンの赤い部分のカラーには【#EF8276】というカラーコードを使っている事が分かります。[/box][/cell][/yoko2]

代表的なカラーコードは以下のサイトを参考にしてみてください。

WEB色見本 原色大辞典 – HTMLカラーコード

まとめ

[box class=”box26″ title=”まとめ”]

  • ColorPick Eyedropperを使うとウェブページ上の色(カラー)を調べることができる
  • ドット単位で色(カラー)を確認することができる

[/box]

GoogleChromeのインターネット閲覧履歴データを削除する方法

今回はGoogleChromeの履歴データを削除する方法について解説していきます。

「ショートカットキーを利用して削除する方法」や「閲覧履歴から削除する方法」「拡張機能を

ショートカットキーを利用して削除する方法

まずは一番簡単なショートカットキーを利用した方法を解説しますね。

Mac : command+shift+delete

Windows : ctrl+shift+delete

このショートカットを実行すると、「閲覧履歴データを消去する」という画面が表示されます。

[yoko2 responsive][cell]閲覧履歴データを消去する[/cell][cell][box class=”box2″]上部に表示されている「詳細設定」をクリックします。

その後、「閲覧履歴」にチェックを入れて、「データを消去」をクリックします。[/box][/cell][/yoko2]

これで閲覧履歴データが削除されます。

[say img=”https://tips-mag.com/wp-content/uploads/2018/09/panda.png”]この方法が一番早くて簡単だよ![/say]

 

設定から削除する方法

次に、設定画面からキャッシュを削除する方法を解説します。

こちらの方法は、GoogleアカウントヘルプのキャッシュとCookieの消去にも載っている、一般的な削除方法となります。

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’画面右上のアイコンをクリック’] 右上の設定メニュー [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’「その他のツール」 → 「閲覧履歴を消去」 をクリック’] その他データ  [/tl]
[tl label=’STEP.3′ title=’「詳細設定」をクリックし、「閲覧履歴」にチェック’] 閲覧履歴データを消去する [/tl]
[tl label=’STEP.4′ title=’「データを消去」をクリック’] これで閲覧履歴データが削除されます。 [/tl]
[/timeline]

 

拡張機能を利用して削除する方法

最後に拡張機能を利用して閲覧履歴データを削除する方法をご紹介します。

この方法は頻繁に履歴の削除を行うという方におすすめです。

今回ご紹介する「Clear Cache」を利用すれば、GoogleChromeのツールバーに閲覧履歴削除ボタンが配置されますのでワンクリックで、履歴の削除をすることができます。

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’「Clear Cache」をインストール’] ClearChaceのページ

Chromeウェブストアから「Clear Cache」のページを表示し、「Chromeに追加」をクリックします。

[tensen]

ClearChaceの追加

「拡張機能を追加」をクリックしてインストールは完了となります。[/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’ツールボタンをクリック’] ClearCache実行ボタン

インストールが完了すると、メニューボタンの横に「クリアしてリロード」ボタンが表示されます。

このボタンをクリックすると閲覧履歴データが削除されます。[/tl]
[/timeline]

[yoko2 responsive][cell]clearcache履歴削除[/cell][cell][box class=”box2″]ボタンのクリック時の動作は、設定で自由に設定できます。[/box][/cell][/yoko2]

 

まとめ

手順をザクッと説明

[box class=”box26″ title=”まとめ”]

  • 閲覧履歴を削除する方法は3つある
  • 一番簡単なのはショートカットキーを利用する方法
  • 一般的な方法は設定画面から変更する方法
  • 頻繁に履歴を削除する方はChrome拡張機能がおすすめ

[/box]